犬のしつけインストラクター(有資格D.I.N.G.O認定)が、適正テストを行ったのち、自宅にて1~2週間犬を観察をしたうえで、紹介文を書いております。性格、犬種特徴、トレーニング状況、家庭犬適正などを考慮しています。


〔1901O01〕柴犬 メス 推定10歳 11㌔【ひなた日記】関西エリアで募集

2020.04.03

siba.PNG

hinn.jpg


hin.PNG

hi.PNG


hina.PNG


飼い主がなくなりセンターに収容され数ヶ月過ごした後
引き取り依頼がありやってきました。

少し大きめな子ですが動きは普段はおっとりどっしりです。
たまーにテンションが上がって他犬を遊ぶ姿が見られます、めったにみられないので
それは貴重な瞬間です。

お散歩が上手です、ご機嫌に歩きながら笑顔でアイコンタクトをしてきます。
それはそれは愛らしいです。他犬と歩いているときはボディアタックで
喜びを表現します、そんなに長い時間必要としないので
朝と夕方以降2回時間のある時は10分でも出してあげると喜びます。
トイレは外派です。ベランダで仕方なくしてくれる時もあります。

食べ物や物に執着はありません、食べている時に近づいても気にしません。
食事の準備中、他の犬は近づいて待っていますが離れて静かに待っています。

アレルギーなどはありませんが涙がよく出ます、これは食事やサプリなどで改善できると思います。

シニアになり飼い主を亡くし心が痛みますが当犬は悲痛感はなく
毎日のご飯と散歩でご機嫌にしてくれるマイパースなおばちゃまです。
声をかけてくださる方には静かに尻尾を振って挨拶し
小さな子供にも穏やかに接してくれてとにかく一緒に暮らしやすい子です。

年齢が10歳を超えているので、数年で脚が弱ってくる、また
介護が必要になるかも知れません。元気で一緒に過ごせるのは数年かも知れません。
その数年をたっぷり愛情注いでくださるご家族を希望します。


☆日々の様子は Dog Shelter のfacebookで☆ Dog Shelter Osaka

※短期間のうちに数回の生活環境変化を経験する犬は保護預かり先にて生活に慣れ、愛情を受け、落ち着いてくると、環境変化当初は出せていなかったもともと持っている性格やクセが出てくることがあります。応募の前に「預かり日記」、紹介文の更新をご覧になっていただき、最近の生活様子や性格面のを再確認していただくと、ご家族の生活スタイル、家族構成やご家族のタイプ、住環境に希望の犬が向いているか否か、相性判断の材料になります。

里親様になられる事をご希望の方は、
«こちらのフォーム»よりお申し込みください。


ひなた.jpg

| トラックバック_0

〔2003Z06〕柴犬 メス 推定5-6歳 9kg関西エリアで募集【あんこ日記】

2020.04.02

あんこ.jpg


☆日々の様子は Dog Shelter のfacebookで☆ Dog Shelter Osaka


※短期間のうちに数回の生活環境変化を経験する犬は保護預かり先にて生活に慣れ、愛情を受け、落ち着いてくると、環境変化当初は出せていなかったもともと持っている性格やクセが出てくることがあります。応募の前に「預かり日記」、紹介文の更新をご覧になっていただき、最近の生活様子や性格面のを再確認していただくと、ご家族の生活スタイル、家族構成やご家族のタイプ、住環境に希望の犬が向いているか否か、相性判断の材料になります。

里親様になられる事をご希望の方は、
«こちらのフォーム»よりお申し込みください。

| トラックバック_0

〔2003G04〕トイ・プードル オス 推定5カ月 体重2.2kg 春歩

2020.03.14

春歩3.jpg


春歩4.jpg

haru.top.jpg


山のふもとで保護された子です。

先天性の奇形がある子で、口蓋裂です。通常は骨もあり粘膜もありここが塞がっています。春歩君の場合は骨にも空間があるので鼻まで貫通し、そして長く裂けています。
口蓋裂で生まれた子はミルク飲んだり食べ物を食べたりすることで、裂け目から食べ物が入ったり誤嚥性肺炎を起こしたり、食べれなくて栄養不良で亡くなることが多く、ここまで育たないことが多いそうです。
栄養不良のためか 前脚の肩関節が不安定ですが手術の必要はありません。本犬の痛み等もないそうです。

無事1回目の手術をしてリハビリ中です。まだふやかしたフードやすりつぶしたものしか口に入れられません。
日に4~5回にわけて食べています。体重が1.8から1.6キロに減ってしまいましたが今は2.2キロになっています。
食欲はかなりあり、苦労せずとも体重は増えていくと思います。
乳歯だった歯が生え換わり時期で永久歯が生えてきており、もう1度手術の必要ができてきました。

2回目の手術をしました。前回よりも少ない裂け目でしたのでこれで落ち着いてくれると良いのですが。


性格は明るく元気なやんちゃです。悪戯がマイブームです。
金属もの(ファスナー等)や携帯のレザーカバーの端っこを噛んだりします。
人は大大大好きです。犬も好きですが犬よりも人です。

この月齢にしては破壊力はまだなく比較的穏やかな子です。おもちゃ遊びが大好きになりピーピーなるぬいぐるみ系が大好きです。

お散歩もデビューしておりとても楽しみにしています。お散歩で人とすれ違うとかならず寄っていきます。犬も大好きで寄っていきますが、まだ美味く挨拶というよりは手をかけてしまったりします。
小さな石を食べてしまうので、食べさせないのと食べてしまった時に吐き出すことを教えていますが、
注意が必要です。

お留守番がとても苦手です。山に捨てられてしまったトラウマがあるのかもしれません。
まだ6ヶ月程ですし、お留守番の少ないご家庭でお願いしたいと思います。また飛びつきがかなりあります。甘噛みもあります。小さいお子様や高齢者のいらっしゃるご家庭には向きません。
ある程度お時間を春歩にかけてあげられるご家庭からの御応募お待ちしています。
また口蓋裂のためかかなり痩せて保護されており栄養不良のところがあり、肩が不安定です。
痛みはなく外れたり外れやすいわけではありません。他にも発育不全のところが出てくる可能性もあります。
その点ご理解頂き飼育経験の豊富なご家庭が良いと思います。
御家族様が多く誰かしらいるご家庭に向いていると思います。
みんなに愛され可愛がられる子です。


☆日々の様子は Dog Shelter のfecebookで☆ Dog Shelter


※短期間のうちに数回の生活環境変化を経験する犬は保護預かり先にて生活に慣れ、愛情を受け、落ち着いてくると、環境変化当初は出せていなかったもともと持っている性格やクセが出てくることがあります。応募の前に「預かり日記」、紹介文の更新をご覧になっていただき、最近の生活様子や性格面のを再確認していただくと、ご家族の生活スタイル、家族構成やご家族のタイプ、住環境に希望の犬が向いているか否か、相性判断の材料になります。

里親様になられる事をご希望の方は、
«こちらのフォーム»よりお申し込みください。

| トラックバック_0

〔2001Z02〕ポメラニアン オス 推定6~8歳 体重3.7kg 進次郎

2020.01.26

sinnjir0208.jpg


進次郎.jpg

sinji0127.PNG
 
現在肝臓の数値が高くウルソを服用中 心臓の投薬もしています。

保護した当時はかなりの緊張状態でしたが、預かりさんの家庭生活で笑顔笑顔の毎日です。
どちらかというと家族少な目、人の出入りの少な目のご家庭で大人だけのご家庭が望ましく、一人っ子の方が良いと思います。

小さなお子様や高齢者がいらっしゃるご家庭には向きません。 
少なめの御家族様で人の出入りが多くなく刺激の少ないご家庭が向いていると思います。
外の物音等に吠えも少し出てきていますので、集合住宅の場合は配慮が必要かと思います。


他は現在、観察期間中です。

☆日々の様子は Dog Shelter のfecebookで☆ Dog Shelter

※短期間のうちに数回の生活環境変化を経験する犬は保護預かり先にて生活に慣れ、愛情を受け、落ち着いてくると、環境変化当初は出せていなかったもともと持っている性格やクセが出てくることがあります。応募の前に「預かり日記」、紹介文の更新をご覧になっていただき、最近の生活様子や性格面のを再確認していただくと、ご家族の生活スタイル、家族構成やご家族のタイプ、住環境に希望の犬が向いているか否か、相性判断の材料になります。

里親様になられる事をご希望の方は、
«こちらのフォーム»よりお申し込みください。


| トラックバック_0

〔1912G01〕ミックス オス 推定5-6才 体重13.4kg 【グーフィー日記】

2019.12.31

gu-f.PNG

 
gu-1212.PNG


元気のいいミックス犬男子です。

goofy1.jpg


人は好きで、老若男女選ばず触れ合うことができます。人からしつこく触ると腰が引けてしまいますが、ゆっくり優しく触れば大丈夫です。身を低くし、待ちの姿勢で優しく呼ぶと自ら近づいてきてくれることも多いです。小さいお子さんにはまだ会ったことが無く、分かりません。

身体のどこを触っても怒りません。優しく、しつこくどちらも大丈夫ですがしつこいのは好んではいません。少し重いですが抱っこも大人しくさせてくれます。

ケアはブラッシング、耳掃除、脚拭き、タウリングが大丈夫です。

運動量は適度にあり、広場や公園などでロングリード(10m)を付けてさそうと一緒によく走ります。散歩大好きです。準備が始まるとピョンピョンと跳ねて喜びます。首輪、ハーネス、リードの付け外しに問題は無しです。

引きは強く、全般的に引っ張り気味です。現在歩行練習中です。

散歩中の刺激(大通り、工事現場、バイク、人混み、他犬や猫など)は観察中。

グウフィ4-1.jpg グウフィ4-2.jpg


他犬が大好きです。自ら積極的に挨拶したがります。
グイグイ行くため、相性があり、相手犬が最初から吠えていたり、唸っている場合はグーフィーも強く吠えます。仲良くなる前に吠えあってしまうと、以降その印象がしっかり残ってその相手犬とは難しい関係になる様子があります。相手犬が出すサインを読むことはでき、一度嗅ぎ合えた仲の犬から怒られても喧嘩になることは今のところ無く、仲良くやっています。

犬同士での適切な距離感を知らないようで、現在同居する他犬から学び中です。また気に入った犬にはしつこくマウンティングをします。相手次第では介入が必要ですが、それで怒ることなどはありません。

保護当初、オモチャに興味はありませんでしたが、他犬が遊ぶのを見て、真似始めています。独りで噛んで遊ぶことがあります。引っ張りっこ、レトリーブは今のところやりません。

グウフィ5.jpg


食べることは大好き。食事準備が始まると興奮します。クレート内だと吠え、フリーだと前脚を台所に掛けますが吠えません。食べ物を使ってトレーニングすることは好きです。

フードガードは今のところありません。

goofy3.jpg


トイレはオシッコは室内トイレでほぼ100%成功。
(環境が変わって2、3日はマーキング行動が頻発しますので、マナーベルトが必要です)
ウンチは完全外派です。

クレートは適性があります。扉を開けておくといつの間にか入って寝ているいることも多々あります。テンションが高い時や好きな他犬がフリーの時、構ってもらっている時などは少し鳴きますが、放っておくと静かになります。夜、留守番はクレートで静かにできます。
(現在8時間程度)

goofy2-1.jpg goofy2-2.jpg


車移動でのクレートができます。車酔いなどありません。

チャイム、来客吠えは今の所ありません。環境に慣れてきたときにもう一度、要観察です。

フィラリア陽性ですので月一度の薬を通年投与が必要です。約二年で陰性になると思います。

健康状態では他に気になる事はありません。

他犬が好きですが、好き過ぎてしつこく行ってしまうことがあります。喜んではいますが、落ち着きません。しつこくする、されることがどちらも好きという場合のみ、多頭飼育も有り。ですが、お勧めは1頭飼育です。

身体のどこを触っても怒ることなく、攻撃性も無く、人が好き。適度な運動量で日々の散歩やコミュニケーションがしっかりできていれば留守番のあるご家庭、共働きのご夫婦にもマッチするのではないかと思います。嬉しくなったり、食べ物を持っているとピョンと飛びつく行動があるので、小さいお子様や高齢の方がいるご家庭は検討が必要です。またとても賢く、観察意識の高い犬のため、一緒にトレーニングをすることが好きなご家族にはより向いているでしょう。

☆日々の様子は Dog Shelter のfecebookで☆ Dog Shelter

※短期間のうちに数回の生活環境変化を経験する犬は保護預かり先にて生活に慣れ、愛情を受け、落ち着いてくると、環境変化当初は出せていなかったもともと持っている性格やクセが出てくることがあります。応募の前に「預かり日記」、紹介文の更新をご覧になっていただき、最近の生活様子や性格面のを再確認していただくと、ご家族の生活スタイル、家族構成やご家族のタイプ、住環境に希望の犬が向いているか否か、相性判断の材料になります。

里親様になられる事をご希望の方は、
«こちらのフォーム»よりお申し込みください。

 

| トラックバック_0

〔1912T02〕トイ・プードル オス 推定6~7歳 体重4.95kg【シュトーレン日記】トライアル中です♪

2019.12.24

ma-bu0126.jpg


syut1214.PNG


san1208.PNG

びっくりするほどガリガリに痩せていて、背中の骨が見え、毛もぱさぱさで薄毛です。保護時は体重3キロ台でしたが、現在は高栄養のフードを食べ4キロ台に増量しましたが、体格からして5キロくらいが適正体重かと思われます。今後、栄養状態が良くなれば、毛もふさふさになると思います。

肝臓の数値が高く、胆泥がたまっているため、投薬(ウルソ)をしています。黄疸や食欲不振があらわれたら、すぐに診察が必要です。適正体重に達したら、フードは低脂肪のものを推奨します。現在はドライフードと野菜にしています。

また、2020年正月に、右前足の付け根のところにステージ2の肥満細胞腫(がん)が発見され、すぐに手術し、切除しました。病理検査の結果、低グレードのがんで、転移もなく、完全に取り切れているため、治療(放射線や抗がん剤)は不要だそうです。今後は、定期的に検診をして、再発の可能性も念頭におきつつ、普通の暮らしができる見込みです。トイプードルはトリミング種なので、トリミングの際にチェックしてもらうのもよいでしょう。

里親を希望されるかたは、上記の病歴を十分に心に留めつつ、ご理解の上、家族になっていただきたいと思います。

性格は、トイプードルらしく明るく愛らしく、人と一緒にいたがる甘えん坊です。男の人も子どもも大丈夫。お散歩も上手。朝晩30分歩きます。他犬とフレンドリーに挨拶ができますが、好きすぎて、たまに吠えることがあります。トイレはちょっとはみだしつつも室内のシートでできますし、お散歩時に外でもできます。お座りのコマンドも覚えました。おもちゃで遊ぶことはまだできません。同じ部屋でおとなしくしていることもできます。時々、お膝にのせてと甘えてきます。赤ちゃんのように抱っこされたまま、気持ちよく寝てしまうこともしばしばです。
以前は飼い主さんと一緒にベッドで寝ていたようで、油断するとベッドに入ってこようとします。今は一人でリビングで、クレートに入って寝ることができるようになりました。身が軽く、ソファや椅子の上に乗ろうとします。降りなさいというと素直におりますが、すきを見て、高いところに上がりたがります。椅子を踏み台に、テーブルの上に乗ることもあり、誤食をしないよう注意が必要です。階段の上り下りも上手です。車はこれからです。

苦手なものは留守番。人の顔が見えないと、不安で鳴きます。捨てられたのがトラウマなのか、分離不安で、トイレに行くなどちょっとでも姿が見えないと、吠えて呼んだり、甘えた声で鳴きます。この点は改善を要します。サークルも苦手で、サークルでお留守番をさせたら、不在時に天井の網を食いちぎり、勝手に外に出ていました。そのように、自我の強いところもあります。本犬の場合、フリーでの留守番は危険が伴いますので、吠え防止も兼ね、ぜひクレートをお勧めします。

淋しがり屋の甘えん坊ですので、できればお留守番の少ないご家庭を希望します。投薬や身体のチェック等が必要です。
性格的には、とても人懐こいいい子なので、犬に慣れていて、犬と密着して暮らしたい方には、ピッタリな愛犬になると思います。どこを触っても唸ったり嫌がったりせず、飼い主さんがそばにいればとても幸せなシュトーレンです。


☆日々の様子は Dog Shelter のfecebookで☆ Dog Shelter

※短期間のうちに数回の生活環境変化を経験する犬は保護預かり先にて生活に慣れ、愛情を受け、落ち着いてくると、環境変化当初は出せていなかったもともと持っている性格やクセが出てくることがあります。応募の前に「預かり日記」、紹介文の更新をご覧になっていただき、最近の生活様子や性格面のを再確認していただくと、ご家族の生活スタイル、家族構成やご家族のタイプ、住環境に希望の犬が向いているか否か、相性判断の材料になります。

里親様になられる事をご希望の方は、
«こちらのフォーム»よりお申し込みください。

| トラックバック_0

〔1509T03〕ミックス オス 推定6歳 体重20kg 【くるり日記】

2019.12.04

kuru0208.PNG 

4kuru.PNG


本犬はまっすぐな性格で、甘えん坊で従順な子です。
現在、一緒に暮していてとても飼いやすい子だなと感じるのですが、少しだけ注意していただきたいことがあるのです。
 

人、犬、環境など、初めてのことが得意ではないので緊張で固まってしまったり、少し取り乱してしまうことがあります。
お散歩の途中で苦手な刺激に合うと引きも強くなります。
 
人、環境に対しては、ゆっくりと慣らしていってあげると、しっかりと受け入れてくれます。
本犬の決まったスペースやクレートにいると落ち着くようで、大人しく過ごしています。
 

他犬とは同空間にいることは大丈夫ですが、遊んだり、くっついたりするのはそんなに好きではないようです。
本犬の意に添わず近づかれた時には一喝、またそれ以上のアクションをすることもあります。
黒い犬にも反応が強いです。
 
 

一番気を付けていただきたいことは、本犬の「イヤ!」「コワイ」の表現のなかに「咬む」表現があることです。
頻繁にその表現が出るわけではありませんし、関係性ができている人には出ないのですが、
こういう表現があることを忘れずに、油断せず丁寧に管理してあげる必要があります。
 

健康面は、快食快便でお散歩も大好き!なのですが、アレルギーがあるので食べられるものは限定されてきます。
季節やアレルギー症状によって投薬が必要になることもあります。
 
 

また、左目の視野が狭いようで、見えづらい、焦点が合いづらいことなどが「咬む」につながっているかもしれません。
動物病院の診察台が苦手なのですが、口輪を装着して床で診察していただければ大丈夫のようです。
 
 

トイレは外派で、概ね朝晩、マーキングをしながら排泄をするので、ゆっくりと時間が必要です。
テンションが上がったり、緊張状態が続いたりするとトイレが近くなり、朝晩以外にもトイレに出ることがあります。
 
 

以上のことから、
中大型犬や、デリケートな犬との暮らしに慣れている方、
お子様がいらっしゃらない(今後の予定もない)方、
本犬と一緒にお友達や他犬との交流をイメージされていない方のほうがよろしいと思います。
 

いろいろと難しいことを並べてしまいましたが、本犬は本当に本当にいい子です。
必ず、最高のパートナーになってくれるはずです。
 

保護期間が長くなり、そろそろシニアの時期に入ってきますが、まだまだ本犬の新しい可能性、楽しみを引き出してあげられると思います。

この子のペースを温かく見守って、共に楽しんでくださる里親様をお待ちしております。
 


kururi4.jpg

kururi5.jpg
 


★Dog Shelter の fecebookは こちらで Dog Shelter


※短期間のうちに数回の生活環境変化を経験する犬は、保護預かり先にて生活に慣れ、愛情を受け、落ち着いてくると、環境変化当初は出せていなかったもともと持っている性格やクセが出てくることがあります。応募の前に「預かり日記」、紹介文の更新をご覧になっていただき、最近の生活様子や性格面のを再確認していただくと、ご家族の生活スタイル、家族構成やご家族のタイプ、住環境に希望の犬が向いているか否か、相性判断の材料になります。

里親さんになられる事をご希望の方は、
«こちらのフォーム»よりお申し込みください。

kururi2.jpg

IMG_5583-2.jpg

kuru88.jpg
 
kuru777.jpg

くるり.jpg

kururi3.jpg

kur.PNG

| トラックバック_0

〔1904Z06〕ビション・フリーゼ メス 推定4~6歳 体重5.45kg 【おこめ日記】 ❤ Thank you ♪ 家族ができました ❤ 

2019.12.01

okome.new.jpg

okoo.PNG
 

お預かりを始めて1年近くがたち、人とのかかわりを受け入れてくれるようになりました。急な動きや、大きな声、音には変わらず、びっくりして逃げ回ったりする事が時々あります。ただ、ゆっくり近づき、これから触る、抱っこするという様子をこちらが見せると、その場で伏せをして待てるようになりました。人はある一定の距離を保ちながら、リラックスして過ごすことも覚えました。
抱っこすると、まだ体に力が入りますが、しばらくすると抱っこされたまま眠ったり、撫でてあげると、撫でるのをやめた時に、もっと撫でてほしそうにその場に留まり、手に顔や頭を近づけるしぐさもしてくれるようになってきました。おこめちゃんなり、環境と人とのかかわりを受け入れて、毎日安心して生活をし始めているように思います。

こめ.PNG


排泄
女の子の割には、マーキングおしっこをします。その為、現在はオムツをしています。ただ、トイレシートがあると、基本的にはシートで、おしっこをします。同居犬がいる方が、おトイレのしつけは楽なように感じます。
うんちは、壁におしりを向けてしたり、物(家具等)の角などにする事が多く、一般家庭ではよごしてしまう事があると思います(その場所にトイレシートを張るなど汚れ防止が必要です。)。少しづつ、トイレシートですることや壁に向かってしない事も多くなってきましたが、完全にこちらのクセがなくなる事はないと思います。
 
吠え
もの音や知らない人に吠えます。サークルの中にいる時に吠えることが多く、フリーになっている時は吠えません。サークルにいる時には周りを見えにくくするなどの、視覚を遮ってあげる事で、かなり軽減しました。
 
食事
なんでもよく食べてくれます。食べることが大好きなので、おやつ等を使って、信頼関係を作ったり、家庭のルールを教えてあげるのが良いように思います。

okome0127.PNG


健康面
右目が白濁して、眼球が委縮しています。視力はなく、今後良くなることはないという診断です。
ただ、悪くなることも考えにくく、また痛みもないため、現在は特に治療(投薬、目薬)はしていません。おこめちゃん自身も生活に支障はないようです。
 
お留守番
サークルの中で、お利口にできます。ただ、排泄はそのまま中でしてしまうので、長時間の場合は汚してしまう事が多いです。また、吠えに対する対処も必要です。
 
人とのかかわり
男の人も女の人基本的に大丈夫です。ただ、お子さんのいるご家庭は、怖がりでパニックになってしまう事もあることから不向きと考えてます。人とは一定の距離間がある方が、おこめちゃんとしては安心をするようなので、犬とずっと寄り添っていたいと考える方は、おこめちゃんが、そうなるまでにはかなりの時間が必要と考えます。
 
お散歩
ここのところようやく楽しそうに走ったりすることが出来るようになりました。ただ、ハーネスを付ける、首輪をつける、リードを持たれるとお散歩にいく準備の段階ではまだ緊張をしています。
 
フリーの時
常に動きまわっています(楽しそうに)。楽しそうにしている時でも物音などにビクビクする様子はあります。ある程度動き回り疲れると少し離れた、でも人が見えるところで落ち着いて伏せて、ウトウトしたりしています。
 
犬に対して
犬は大好きです。
積極的ににおいをかぎに行ったりしますが、相手が怒ったりした時は、さっと離れてそれ以上はしつこくしません。人といるより、犬と一緒にいる時の方がとっても楽しそうなので、多頭飼いの御家庭の方が向いています。ただ、走り回って、体当たりする事があるので(特に好きな犬)小さい犬や老犬がいるご家庭では注意が必要です。
 

この1年で沢山の事を学習して、いろんな事を受け入れてくれた、おこめちゃんですが、怖がりな性格や人との距離感、排泄の癖などは大きく変化を望むのはむずかしいように思います。今のおこめちゃんを受け入れて頂けるご家庭を探しています。毎日かわいい笑顔を見せてくれる事が、何よりも愛しい子です。おこめちゃんが、毎日安心して、楽しく、過ごせるご家族からのご応募をお待ちしています。
 
 

okome.jpg

 

☆日々の様子は Dog Shelter のfecebookで☆ Dog Shelter


※短期間のうちに数回の生活環境変化を経験する犬は保護預かり先にて生活に慣れ、愛情を受け、落ち着いてくると、環境変化当初は出せていなかったもともと持っている性格やクセが出てくることがあります。応募の前に「預かり日記」、紹介文の更新をご覧になっていただき、最近の生活様子や性格面のを再確認していただくと、ご家族の生活スタイル、家族構成やご家族のタイプ、住環境に希望の犬が向いているか否か、相性判断の材料になります。

里親様になられる事をご希望の方は、
«こちらのフォーム»よりお申し込みください。

おこキャプチャ.PNG

おこめ.jpg

| トラックバック_0

〔1909S03〕ミックス オス 体重4.5kg 推定2歳 【オセロ日記】

2019.12.01

ossero.png

othello.jpg


othello.JPG

2019年9月中旬に愛護センターに迷子捕獲されました。

かなりの放浪期間があったのか、被毛が伸びきり絡まって動けない状態でした。

極端な怖がりなので虐待も受けていたのかもしれません。

その為身体を触れられる事を極端に嫌い、追い詰められると怯え、逃走を図ります。

お住まいが戸建の場合
窓、玄関、勝手口、門扉等に、脱走・逃走に十分注意が必要かと思います。

普段は大きめのサークル内で人目を気にしつつ、隅の方で始終緊張しています。

預かり宅の同居犬には柔軟性が有り抵抗しません。

特に、男性に許容範囲が広くブラッシング・グルーミング・身体中どこを触っても嫌がりません。

しかし女性には…かなり時間が掛かりそうです。

留守番は半日程度出来ます。 
推定年齢2~3歳なので悪戯も予測されます。

猫の様に身軽で俊敏ですので高窓、テーブル、洗面台、に跳び乗り上の物を落としたりする事も有ります。

トイレは室内でシートを確認し決まった場所で大小します。

身体や頭を触られる事に、慣れていないため無理に近づくと口が出る事も有ります。

散歩に関してはまだ未経験です。
時間が掛かる事を予測しつつ、周辺環境に慣れてから徐々にと思います。

現在は細い紐付きのハーネスの脱着と、クレートの出入りを練習中です。

通常は、譲渡会で希望者様に面会、一緒に散歩等の触れ合いが出来るのですが
オセロくんは、初対面の方には心を開きません。目をあわせません。

自ら甘えたりする仕草はかなり時間が掛かると思います。数年単位で待って頂くことになるかと思います。

気長にオセロくんの心のケアに向き合って下さるご家族様、また、在宅ワークで飼育経験豊富な男性一人暮らしの方を希望致します。女性の姿をみるとさーと逃げてしまいます。
ご夫婦だけのご家庭の場合ご主人が積極的にオセロに関わることができるご家庭でないと無理だと思います。

とても俊敏な動きがでるためお子様がいらっしゃるご家庭や高齢者のみのご家族様からの御応募は受付出来ません。


オセロくんを家族として迎えて頂ける事を楽しみに、
心を込めて、ケアを続けたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。

☆日々の様子は Dog Shelter のfecebookで☆ Dog Shelter

※短期間のうちに数回の生活環境変化を経験する犬は保護預かり先にて生活に慣れ、愛情を受け、落ち着いてくると、環境変化当初は出せていなかったもともと持っている性格やクセが出てくることがあります。応募の前に「預かり日記」、紹介文の更新をご覧になっていただき、最近の生活様子や性格面のを再確認していただくと、ご家族の生活スタイル、家族構成やご家族のタイプ、住環境に希望の犬が向いているか否か、相性判断の材料になります。

里親様になられる事をご希望の方は、
«こちらのフォーム»よりお申し込みください。

オセロ.jpg


オセロ2.jpg


| トラックバック_0

〔1810Z03〕狆ミックス オス 推定2歳 体重4.6kg マーチ

2019.12.01

マーチ1025.PNG
 
ma.PNG
 
マーチ.jpg

酷い環境にいたはずなのに持って生まれたあかるい性格がとても癒されます。
レスキュー時急激な環境の変化のため数十回の痙攣をおこしてしまいましたが、MRIをとり、腫瘍や小頭症等の問題はまったくない事がわかり、今では投薬のみですが、数カ月に1回起きてしまうようです。
お薬を変更してみたりもしてなるべく軽い癲癇発作で抑えられるようになってきています。
酷い時は座薬を入れています。

軟口蓋過長症もあったため、呼吸が妨げられやすく危険ですので、手術で切除しております。
チェリーアイもありましたが、綺麗に手術しております。

目は形成不全のため全盲ですが、あかりはなんとなく見えるようです。
嗅覚と聴覚で通常の生活ができますが、なるべく下に物を置かないことが必須です。
とても明るい性格で人が大好き。寄ってきてはペロペロ舐めてくれます。
現在のマーチは人の脚や手、腕を舐め上げるのがブームのようです。
呼べば声の方にきますし、歩いて誘導すると狭いところも上手に擦りぬけます。
また帰宅するとすぐわかるようで寄ってきます。
ただ、階段等の段差は危ないので、ゲート等が必要です。

食べることが大好きでドライフードを綺麗に食べます。オヤツも大好きでしたが、ストルバイト結石がみつかり
現在は療法食を食べています。とても良く食べてくれます。
ドライフードにお薬を混ぜていますが、躊躇することなく食べてくれています。
お水もとても良く飲みます。

脚元についてくることがありますので、小さな子様のいらっしゃるご家庭や高齢者のいらっしゃるご家庭には向きません。
お留守番はできますが、癲癇発作が持病としてあるのでフォロー態勢があると良いと思います。
吠えは殆どありません。

過度の刺激や過度のストレスが癲癇発作を誘発する場合もあるので、1頭飼いが望ましいです。同居犬の吠えや動きはストレスになりやすいようです。
また長時間のトリミングで保てい等を苦手です。短時間で分けてすることが望ましいと思います。

まだ2才なので、ある程度の刺激もあたえつつ穏やかに暮らしていければと思います。
お散歩も好きなようですが、木の枝等は十分に考慮してください。
明るさは感知できるので、明るい時に少し外に気分転換できると良いと思います。

現在お水場所もすぐにわかり普通に飲んでいますし、フードも音と匂いでキッチンに寄ってきます。
決められた場所に移動してきちんと食べることができ、特に通常の生活で気を付けることはさほどありません。

体型はペキニーズ、色は狆 性格も狆の穏やかなところが多く出ていると思います。

目は見えませんが、元気で明るく、穏やかな子です。一緒に穏やかに暮らせる家族ができたら良いと願っています。どうぞよろしくお願い致します。


☆日々の様子は Dog Shelter のfecebookで☆ Dog Shelter


※短期間のうちに数回の生活環境変化を経験する犬は保護預かり先にて生活に慣れ、愛情を受け、落ち着いてくると、環境変化当初は出せていなかったもともと持っている性格やクセが出てくることがあります。応募の前に「預かり日記」、紹介文の更新をご覧になっていただき、最近の生活様子や性格面のを再確認していただくと、ご家族の生活スタイル、家族構成やご家族のタイプ、住環境に希望の犬が向いているか否か、相性判断の材料になります。

里親様になられる事をご希望の方は、
«こちらのフォーム»よりお申し込みください。

| トラックバック_0

〔1906Z07〕トイ・プードル メス 推定8~9歳 体重6.5kg 希 ❤ Thank you ♪ 家族ができました ❤ 

2019.12.01

nozo0929.PNG

non-chan.JPG


【希(のぞみ)日記】


長い間、繁殖犬として犬生を送ってきました。
犬としてどう振る舞って良いのか、外を歩くことさえできない状態の子でした。
少しの物音、人の動きにもビクビク怯えていましたが、今では上から急に手を出されたりしない限り、怯えることなくとても落ち着いています。

声を出すことさえ忘れていたようで、しばらく声を聞くことはありませんでしたが、初めて声を発した時に、自分の声に驚いた顔がとても印象的でした。
今では「誰か来たよ!」と物音に張り切って吠えています。

生活習慣や行動をすぐに覚える賢い子です。
トイレシートはすぐに覚えて、小は室内シートでほぼ失敗なし、
大はお散歩時にしています。
イタズラもほとんどしません。

食いしん坊さんなので、食事の支度を覗きに来て、つまみ食いをするのを楽しみにしています。
フードはドライでも食べますが、食べ疲れてしまうのと、あまりにガリガリでフラフラだった身体がちょっとふっくらして来たので、今は満腹感を得るためドライをふやかしてかさ増しして食べています。
歯磨き、ブラッシング、足拭き…何でも素直に受け入れます。
少し男の人が苦手ですが、抱っこが大好きな甘えん坊さんで、一緒にいると笑顔にとても癒やされます。

シニア女子なので 今まで苦労して来た分、思い切り甘えさせて、のんびり濃い時間を過ごして頂けるご家族のご応募をお待ちしております。


☆日々の様子は Dog Shelter のfecebookで☆ Dog Shelter

※短期間のうちに数回の生活環境変化を経験する犬は保護預かり先にて生活に慣れ、愛情を受け、落ち着いてくると、環境変化当初は出せていなかったもともと持っている性格やクセが出てくることがあります。応募の前に「預かり日記」、紹介文の更新をご覧になっていただき、最近の生活様子や性格面のを再確認していただくと、ご家族の生活スタイル、家族構成やご家族のタイプ、住環境に希望の犬が向いているか否か、相性判断の材料になります。

里親様になられる事をご希望の方は、
«こちらのフォーム»よりお申し込みください。

nozom.PNG

 
nonn.PNG

| トラックバック_0