■■ スタッフブログ 日々更新中 ■■

2012.02.15

日々の保護犬達の情報は こちらで!!

随時アップしています。

Dog Shelter

Facebookページも宣伝

facebookと合わせて こちらでも スタッフブログ UPしてます

【スタッフK】  【スタッフF】

| トラックバック_0

1月26日(日)緑里親会

2012.02.10

amu.jpg

1月26日(日)は、緑里親会。

まだまだ寒い中、保護犬に会いに来てくれたご家族のみなさん、ありがとうございます。
上記写真は、現在里親募集中のミックス男子、アムさん。
アム、一度見たら忘れられない顔・・・
それ以上に性格ナイス男子です。

アムさん預かり様子はこちらから


この日はイタグレ熟女のチロルさんをご指名で会いに来てくれたご家族がいました。
そして、チロルはそのご家族のもとへ。
現在トライアル中です。


ヨーキーの雪乃丞、ビーグルのバロンもトライアル中。

ご縁になるといいなぁ。

| トラックバック_0

1月14日(土)青山里親会

2012.01.15

2012.1aoyama-b

2012年しょっぱなの里親会は、青山国連大学前ファーマーズマーケット内で開かれたdo one good park(譲渡会)にぶんたの会さんと一緒に参加!
ぶんたの家さんの犬たちは皆、オンリーワンのミックス。
1頭づつみんな違うよミックスは~。

ドッグシェルターからは4頭が参加。
HPを見て来てくれたご家族もいました。

子供とイタグレ、チロルの競演写真。いいね。


募金箱には24400円をご寄付いただきました。
皆様、ありがとうございました。保護犬の医療費、フード、シート代、搬送のガソリン代やコインパーキング代など、活動の経費として100%使わせていただきます。

次回里親会は、
1月29日(日) 緑里親会 11:00 ~ 14:00  (室内のため、雨天 でも開催)です。

詳細は「お知らせ」から。


| トラックバック_0

「この子たちを保護しています」

2012.01.14

被災犬の家族探しはネットから見つかった子も多くいますが、
ネット環境にない、普段から使っていない方たちのためにm保護された犬や猫のリストを1冊にまとめた冊子を作り、今までに第3便、約1600部をネット環境がない、もしくは使わない飼い主さんの目に届くよう避難所、保護センター、行政施設、仮設住宅などに送り届けているボランティア活動をしている方がいます。
sagasiteru-p.jpg
ドッグシェルターで保護していた子達にも、
このリストを見て、この子はうちの子では・・・という連絡が入り、実際に2頭の家族が分かりました。

ページを開くと、ネットで見れる内容がそのまま誌面となっています。
sagasiteru-p3.jpg
すでに県内警戒区域に該当する各市町村に450冊配布され、役場、避難所・仮設住宅の集会所等へ置いているようです。また一時帰宅でペットをお探しの避難者の方へも500冊以上お渡ししているとのこと。
残りについては、全国に散らばっている避難者へメール便でお送りしているとのことです(2011年9月時点)

ですが、まだまだこの冊子のことを知らない方も多く、
情報が行き届いていないようです。この冊子を作っている方からのメールが届きましたので、以下転載します。

保護団体ならびに個人ボランティアのみなさまへ

日々の保護活動、お疲れさまです。
なかなか状況は厳しいですが、少しづつ、わんにゃんと飼い主さんの再会が出来ております。
これも皆様方のご努力のおかげです。
ほんとうにありがとうございます。

この度は、お願いがあって送信させていただきました。
おかげさまで、このリスト集も第三便となりました。
昨年6月末の第一便から第三便まで、配布総数、1600冊~1100冊と、それなりには頑張っておりますが、まだまだご存じない被災者さまも多く、
いまだに、「先日はじめて知った。すべての便を送って欲しい」という、ご希望がきます。
行政等に配布宣伝のお願いはしておりますが、なかなか全国の個別避難の方までは届きません。
新聞・情報誌・本・ツィッターでも宣伝しておりますが、まるで「ペットを探している飼い主探し」のような状態です。

リスト集は、PCでネットができない方を対象にはしておりますが、
実際、ネット内の途方もない数の保護サイトを個人で探し出すことは容易なことではありません。
このリスト集には、かなりの数のサイトさまを記載させていただいております。
また、11月末に配布開始した第三便では、これまでの掲載サイト一覧も設け、飼い主さんが、各サイトを見つけやすいように工夫してみました。

そこで、よろしければ貴サイトで、このリスト集のことを取り上げてはいただけませんでしょうか?
保護サイトを訪問して探していらっしゃる飼い主さんに、このリスト集のことをお知らせしたいのです。
個別にメール便で配布している旨をご記載いただければと思います。
記事としてでも、簡単にバナーを貼っていただくことでも、どちらでも結構です。

リンク先はこちらでお願い致します。
「新装開店 お庭にようこそ」

それから、現在、第三便が残数100冊ほどございます。
もしもご入り用でしたらば、ご希望数と配送先をお知らせくださいませ。
もちろん無料でお送りさせていただきます。
第一便・第二便は、残数が少なくなっておりますので、飼い主さま優先にさせていただきます。
合わせて、リスト集をご希望の飼い主さんにおこころあたりがございましたらば、ご紹介いただけますと大変助かります。

被災保護動物リスト集をつくる会一同


| トラックバック_0

12月24日(土)駒沢里親会

2011.12.27

12月24日は駒沢里親会。
クリスマスイブの里親会には3頭の保護犬が参加。
ミックス、ごんた。
イタリアン・グレーハウンドのチロル。
柴犬、歌ちゃん。

途切れたかな~と思ったら、
また一組、また、一組。
途切れそうで長くは途切れない。

この日ご縁があった犬はいませんが、
ブログを見て、イタグレチロルに、ミックスゴン太に・・・
そんなご家族もいてくれた今年最後の里親会でした。

DLD里親会12月.jpg


今回の里親会では設置再開の募金箱には、
皆さんから16,100円の募金をご支援いただきました。
医療費、移動搬送ガソリン代、コインP代、フード、シートなど全額を保護犬のため使わせていただきます。ありがとうございました!

また里親会の会場として場所を貸してくださっているドッグライフデザインさん、
今年1年もありがとうございました。

今年の里親会はこれでおしまい。
来年度の里親会日程は「お知らせ」をご覧ください。

どうぞよろしくお願い致します!

| トラックバック_0

11月27日(日) 緑里親会

2011.12.02

2011.11midori-p.jpg

11月27日(日)、緑里親会を開催。
ちわわのモコラには2家族が会いに来てくれて、現在交渉中
緑里親会はこじんまりとしています。参加頭数多くないし、まだ来てくれるお客さんも少ない。

が・・・
気になる子と、じっくり触れ合えます。
預かりさん独占できるから、気になる子のこと、じっくり話聞けます。

気になる子がいたら緑で会ってみるの、お勧めです。

当日の様子はこちらからも。
○バロン日記:http://ameblo.jp/chabirrymama/

○モコラ&ごんた日記:http://satooyainu.blog.so-net.ne.jp/

○ルーシー日記:http://ameblo.jp/yasu152/

次回は12月10日(土) 13:00~16:00 青山 do one good parkに参加します。
詳細は「お知らせ」から。

| トラックバック_0

11月12日(土)青山里親会

2011.11.14

10月8日(土)は、青山国連大学前ファーマーズマーケット内で開かれたdo one good park(譲渡会)に参加してきました。

2011.11aoyama-p.jpg

秋晴れ、暑くなく、寒くもなく程よい天気はイベント日和。
動物生命尊重の会との共催で、オンリーワンミックス達と一緒の時間は楽しいね。1頭づつみんな違うよミックスは。個性的だし。ミックス大好きです。

ドッグシェルターからは3頭が参加。
ミックスのマルシェ、ビーグルのバロンにそれぞれ、
ブログを見てくれたご家族が会いに来てくれました。

この場所から、ご縁に恵まれればいいなぁ。

2011.11aoyama-p0.jpg

次回里親会は、
11月27日(日) 緑里親会 14:00 ~ 16:00  (室内のため、雨天 でも開催)です。

詳細は「お知らせ」から。


| トラックバック_0

おうち(かぞく)に帰ろう③

2011.11.12

ロッキー、りき、最後はラブラドールのジョリー。

ぺトン鎌倉からの道中、ジョリー吠える吠える。
サービスエリアに停まると吠え、
コンビニに寄ると吠え、
車が走り出しても当分は吠え・・・

ぺトンスタッフさんも言っていた、
ジョリーの声はおっきいっですよ~って。
jyori-b0.jpg
(上写真は保護当時のジョリー)
うん、確かに大きい(笑)

ジョリー住所をナビにセット。
所要時間15分弱。これまた近い。
ナビに揺られてブラブラ運転運転。
「あれ?、なんかこの感じ見たことあるなぁ・・・」って景色にぶつかる。
しばし考え、・・・あぁっ、捕獲保護作業をしたときにきた場所だぁ。記憶が戻ってくる。

保護日は前日深夜にゴー、翌朝現地入り、そのまま捕獲保護作業に向かう。
午前と午後2回に分け、暗くなって周りが見えなくなるまで動き、そのままトンボ帰りの強行軍。
保護した犬はケージに入れてバン、トラックに所狭しと積み上げて、保護、移動、保護の連続だったから、
どこがどの住所で、今どこにいて、どこで保護した犬で・・・途中から分からなくなり、覚える余裕もなし。

ジョリーの住所を入れても、何処かは分からず、まぁナビに任せておけばいいかぁぐらいにしか思わない。
さらにナビ通り行くと「あぁ、あぁ、通った通ったこの道。なんかフラッシュバック~」
なんて言いながら進んでいるうちにジョリー届け先に着いて・・・
あの日、日が落ちる手前で一番最後に犬を保護した場所だったことを思い出す。

「お~い、いるか~」なんて呼びかけた声に反応して、バァ~っと尻尾振りながら飛びだして来て、
飛び出てきた家に行ったり来たりを見て「おまえはこの家の犬だな~」なんて言ってたことも思い出す。

おまえ(ジョリー)あの時の犬だったのかぁ・・・ぺトンさんで保護してた半年間ぜんっぜん気付かなかった。
なかなか薄情な自分。いやいやあのバタバタ強行軍なら仕方ないだろ。自分を納得させる。

ジョリー飼い主さんと挨拶。
早速ジョリーを車から出すとすぐパパに気づき、ジョリーの表情がまた急に嬉しいそれに変わり、全身をくねらせ喜ぶ喜ぶ。その様子を見たら、もうジョリーがあのとき家から飛び出したり入ったりを繰り返していた犬にしか見えない。連れてくるまでのジョリーと今のジョリーが別の犬に見える。不思議だ。

ジョリーパパさん結構冷静に「よ~し、よし」。ジョリーに声掛けてる。

sakamotojyori-b.jpgsakamotojyori-b1.jpg

その喜んでいる姿が、犬のボディランゲージ(体の動きやしぐさ、様子でそのときの感情を表す)の教科書に載っている「嬉しい時のボディランゲージ」のまさしくそれじゃん!と突っ込みたくなるくらい(笑)わかりやすいねジョリー。

パパさんとの挨拶終わったら今度は家の敷地にだぁーっとダッシュで入ったり出てきたりするジョリー。
「あっ、あのときと一緒じゃん」と一人デジャブ。
sakamotojyori-b0.jpg


パパさんと話しながら敷地に入ると犬小屋が。
パパさんが持つ首輪に自分から寄っていき、付けられるジョリー。

付けられてひとしきり「嬉しいの舞」を披露した後、落ち着いたジョリー。
sakamotojyori-b2.jpg
あらビックリ。パパさんと外に出てみても、見えないところに二人がいなくなっても全く吠えないよジョリー。
移動中あんなに吠えていたのにさぁ~。
ホームはやっぱり落ち着くんかねぇ。


ジョリーパパさんとひとしきり話をしてから、挨拶をして、車で離れる。

ちょびっと離れたところで一旦車を止めて、
ナビ入れながら「よ~し、帰るかぁ~」と思ってジョリー家に目を向けると庭先が見えて・・・
ジョリーパパさんが中腰になって、ジョリーをパシパシ叩いているよ(笑)
声までは聞こえなかったけど、きっと声かけながら叩いているに違いない。勝手に解釈。


いい気分で帰宅の途に。

先日11月11日で震災から8ヶ月が経過しましたが、
震災後にドッグシェルターが保護した犬で、まだ家族が見つかっていない犬が1頭います。

保護捕獲するとき、捕獲場所に近い家の玄関先に保護していることと、連絡先を書いた紙を張ったり、埼玉県の避難所に行ってビラを掲示したり、現地で被災された方が保護された犬猫のリストを作ってくれて役場や避難所・仮設住宅の集会所等へ置いてもらったりと、飼い主さんに繋がる情報を待ちましたが、リッツはまだ家族が見つかっていません。
rixtu-b.JPG

このまま飼い主さんを探すのを待つだけでは犬も年齢を重ねていくし、それだけでは不十分だと思います。
例えば1年や2年と区切りのいいタイミングまで待ち、それでも家族が分からなければ、じゃあそこから新しい家族を探し、譲渡といってもその分犬も年齢を重ねているし、やはり譲渡後に元家族が見つかることもある。
1年は待ってからとも思うし、でも家族がわかっていなければ1年も2年も同じ、状況は変わらないままです。

そこで被災地から保護し、現在まで家族が見つかっていない犬については、譲渡後に家族が見つかり、ご家族が返還を希望し、犬を引き取れる状況、環境である場合は、返還をしていただくという条件付での里親募集を今から行うことにしました。

ミックス男子のリッツ。
近日、条件付譲渡、里親さん募集を開始します!

①ミックス ♂ 推定2~3歳 体重 約18Kg 保護場所:福島県双葉郡川内村
rixtu-p0.JPG

募集を開始したビーグル系ミックスのブラッキーもよろしくお願いします!
buraxtuky-b.jpg

| トラックバック_0

第3回ドッグシェルター同窓会

2011.11.08

ドッグシェルター卒業犬の同窓会。
dousoukai3-p.jpg

同日開催のラーメンショーでの駐車場混むぞ予想、
4,5日前からの天気予報が完全怪しいぞのダブルパンチ。
卒業犬、里親ご家族集まってくれるか??・・・の前に雨で中止かもしれないという中での当日。

朝、これまたはっきりしない天候で、空は雲に覆われているけど、雨は降っていない。
でも降水確率は午後から60%を超えている・・・
く~、どうしよう・・・
朝10時の時点で判断し、開催or中止を決める予定が10時も天候に変化なし。
決めに決められず、HP「お知らせ」ではやる方向性を打ち出しながらも12時まで判断を伸ばします・・・という判断に。

12時・・・降ってないじゃん。
さっすがにこりゃもうやろう!途中降ったら降っただと吹っ切れました。
預かりさんにもサクサクっと「やります」の連絡。

今回で3回目。
この日ばかりは四方八方から、来てくれて、
ここまでモテモテな日はないだろうというくらいな1年に1回の犬1色の1日。

同窓会後、事務所に戻ってから今日来てくれた卒業犬を名簿で確認してみたら、
今回は64頭の卒業犬が来てくれました。


来てくれた里親さん、卒業犬の元気な姿を見ながら沢山の話がしたかったのですが、
今回もあっという間~。時間がホントすぐに過ぎてしまった。

昨年は来ていただいた皆さんと十分にお話ができたかなぁ~と、終わった後に悔んだが、
今年は写真の撮影、遊びに来てくれた卒業犬の名簿チェックを一手に引き受けてくれたボランティアさんのお陰もあって沢山話ができたような気がしています。

ご家族が居て、預かりさんが居て、ボランティアでお手伝いしてくれる方が居て、主役の卒業犬がいて、
今日の同窓会があるのは皆さんのお陰。

ありがとうございました!

当日の写真は以下のフォトアルバムから全てご覧になれますので、
良かったらご覧になってくださいね。
(欲しい写真がある方はフォトアルバムからデータ保存ができますのでご利用ください)

写真フォトアルバムページはこちらから
※ このページ右にある項目「メール」にはinfo@dogshelter.jp
項目「パスワード」には57796682とそれぞれ記入し、サインインすると同窓会写真アルバムがご覧いただけます。

同窓会の次は、
被災犬の里親募集を開始しました!
ビーグル系ミックス、ヤングボーイのブラッキーくんです。そして、保護センター出身の新しいドッグさんもそろそろ募集を再開していきます。
ちわわ男子です。
mokora-p.jpg
よろしくです。


| トラックバック_0

おうち(かぞく)に帰ろう② 

2011.11.03

ラブミックス、ロッキーを届けた後は、柴犬りきさん。

ロッキーを届けた場所から車で30分も離れてない。
神奈川鎌倉にあるぺトンさんからロッキー家族までの4時間半のドライブも景色楽しんだり、CD音楽に合わせて一人カラオケしながら(犬達は迷惑と思っていたかも・・・)でよかったけど、送り届けたと思ったらすぐ次の家族に・・・それもいいなと独りごちる。

お届け先に近づいたところでナビが道ではない道を「行ってください」と、淡々口調で言いだし、
諦めて、ご家族携帯に連絡。
どうやらもうすぐそばまで来ているらしく、案内に従って進む進む。

そしたらりきのパパさんが広い通り沿いまで迎えに来てくれていました。
降りて、挨拶をするなり、パパさんから握手をしてくれました。
その握手がギュッっと固く、力強かった。
パパさん言葉はなく何も言わなかったけれど、目が赤くなっていたの見逃がしませんでした。

被災犬を預かり、問い合わせがあり、家族が見つかっていき、
ご家族と連絡を取り合うようになり、でも簡単に会える距離ではないし、今回は事情が事情。
家族との繋がりは電話の声(プラスアルファで携帯メール)のみ。
被災された皆さんが置かれている状況、環境、そして顔(表情)が見えない中でのやりとりは
やっぱり難しいなと感じることも正直あったし、どう話して、伝えていけばいいのか手探り状態。
勝手と言えば勝手に保護していったわけだし、実際家族にはどう思われているのかな~と、思うこともありました。

でもね~、リキパパさんとお会いしたら、すぐ分かったね、再会が嬉しいことが。

sibainurikisann-b.jpg
柴犬、リキ。上の写真は連れていく前写真。下が家族と再会後の素敵スマイル全開顔。
犬は出すね、感情を隠さずガンガンに。

aokiriki-b.jpgaokiriki-b1.jpg

この顔の違い!
連れていく前の顔と家族のもとに届けた後の顔で、
使用前、使用後みたいになってるでしょう(笑)緩みっぱなし。
りき、写真にも嬉しいオーラ出まくりです。
決してそれっぽく撮れた写真を選んでいるわけではないんだけれど^^

で、リキパパさん、
りきに話しかけながら、体パンパン叩いてる。ロッキーパパと同じ感じ(笑)

りきは、柴犬らしく、保護当初なかなかぺトンスタッフさんにも慣れなかったり、
シャンプーや動物病院での治療のときは威嚇したり(怖くてです)、
環境変化のストレスや夏場の湿度でか、湿疹がばぁ~っとでたり、
でも少しづつ心開いてくれるのが分かったり、保護犬を預かるのが初めてのぺトンスタッフさんには
いろいろな思いが詰まっているりきくん。

こりゃ、ぺトンスタッフさんも喜ぶな~、報告楽しみだと思いながら写真バシバシ取らせてもらった。

aokiriki-b2.jpgaokiriki-b3.jpg

午後3時過ぎ。
そろそろ行かないと次の時間に合わないと思いだし、りき家族さんとさようならして、車でゴー。

「おうちに帰ろう ③」につづきます。

りきやロッキーのように、家族が分かり、ご家族が環境的にも気持ち的にももう一度一緒に暮らせる状況にある犬もいれば、まだ家族が分かっていない犬やご家族は分かったけれど、環境や状況が許さず、やむを得ずその子のため新しい家族を探してくださいとお願いをされる犬もいます。
ご家族と暮らすことが、環境や状況が難しい中で愛犬にとって何がいいのかを十分に考えてくれた上で決めてくれたことだと思います。

ビーグル系ミックスのブラッキーくん、
近く里親募集を予定です。
buraxtuky-b.jpg
最近ビーグル系に縁がある気がする・・・

あっ、
忘れてた。
もちろん彼らもよろしくお願いします!
保護センター出身、イカツイ顔に似合わず一緒にいると、家族を笑顔にすること請け合い、ゴンタ。
dekaigonta-p.jpg
○預かりさん日記:http://satooyainu.blog.so-net.ne.jp/
同じく保護センター出身、まんまビーグル、アクティブ家族にピッタリ、バロン。
itukawaowarunoka-p.jpg
○預かりさん日記:http://ameblo.jp/chabirrymama/


被災犬とセンター出身保護犬、前後しましたが、
家族が分かっていない被災犬の情報募集も引き続きよろしくお願いします!

●家族を探している犬
(家族を探している犬は残り1頭となりました。引き続きご協力をお願致します!)

①ミックス ♂ 推定2~3歳 体重 約18Kg 保護場所:福島県双葉郡川内村
rixtu-p.JPG

☆身体的特徴
・中型短毛、耳は先端がちょっと折れている立ち耳
・頭のあたりがシベリアンハスキー風な色合い
・薄い茶色の模様があり、やせ型
・左前脚に結わかれていた痕がある

rixtu-b.JPGrixtu-b0.JPG

☆性格面などの特徴

・気が優しく、人が大好き
・他犬には反応しない
・お座り、伏せをしてからお腹をみせる。
・食欲は普通だが、ドライだけだと食べない
・たまに鼻をすする甘え泣きがみられる。
・車に乗ることに慣れている様子

○預かり家庭のブログ:http://peton.blog.ocn.ne.jp/adaptdog/

rixtu-p0.JPG

| トラックバック_0