犬のしつけインストラクター(有資格D.I.N.G.O認定)が、適正テストを行ったのち、自宅にて1~2週間犬を観察をしたうえで、紹介文を書いております。性格、犬種特徴、トレーニング状況、家庭犬適正などを考慮しています。

〔2404F04〕柴犬オス 推定7歳 2.8kg 【デコポン日記】関西エリアで募集中

2024.05.01

dde0516.jpg 
 
de0516.jpg 

今回下痢のため便検査をしました。
結果はクリプトスポリジウム陽性。小腸に寄生する原虫です。
感染経路は自家感染。
ペットショップや繁殖場で子犬の時の感染率が高いです。(感染時ほとんど症状が出ない)
デコポンちゃんは繁殖場で感染したと考えられます。
健康な犬は一時的な下痢だけで自然に治癒しますが、元繁殖所のワンちゃん達に多い炎症性腸疾患(普通の腸炎ではなく免疫疾患による)が併発すると難治性となります。

クリプトスポリジウム原虫に汚染された水や食品を口から摂取しオーシストという膜に覆われた原虫が体内へ。
小腸に到達すると膜が破れ中の原虫が小腸の細胞内に入り込み成長・増殖。(体外や自然界で増殖しません)
再び膜に覆われ体外へ。
これを寄生サイクルと言われています。

オーシストという膜は消毒液には強く、熱や乾燥に弱いです。
高温スチームや熱湯消毒、長期の乾燥が効果的。
完全に駆除できる薬はないので、原虫の増殖を弱める薬を飲みながら体の抵抗力を高めることが治療となります。

人獣共通感染なので便の処理(体についた便も)、排便後の消毒、手洗いの徹底は必要です。
 

ブリーダー廃業で保護。
適切な医療を受けられず下痢が続いていため、保護された時は体重2.7kg。 
 
 
【性格】
おとなしくとても人なつっこいです。
しっぽを振って撫でてもらうのを待っていて人が大好き。  
 

【吠え】
ご飯の準備が始まると
声(犬のワンとヤギのメ〜が混ざったような)
を出しますが、無駄吠えはしません。 
 

【食べ物】
毎回残さず完食。(早食い) 

体重を増やしたいのですが
1食の量(体重と年齢からの規定量)を増やすと便がゆるくなるので、
1日/3食に分けています。 

炎症性腸炎のため繊維の多い食材や脂質の高い食材は控えています。
粘液胆嚢腫のため低脂質の食材が必要です。 

噛まず(歯石が重症です)に食べてしまうため
固いおやつは控えています。   


dek0516.jpg 

deko0516.jpg
 


【留守番】
ゲージの中でおとなしく待っています。 
 

【他の犬との関係】
攻撃性はありません。
犬にはあまり興味がないようです。 
 

【散歩】
リードを使って散歩をしていなかったのか
縦横無尽に歩く感じです。
散歩は嫌がりません。 
 

【排泄】
排尿:室内やお外どちらでもできます。
まだ決まった場所ではできないので部屋フリーの時は何度も排尿をしてしまうためマナーベルトが必要です。 

排便:1~3/日良便~泥状便
便が出だすと少しずつ移動するため
シートは広めに敷いておく方がいいと思います。 
 

【お手入れ】
マナーベルトを着けることが多いのでお腹の清拭はこまめにします。 

便が柔らかいので排便後は肛門を拭きます。 

入浴は少し怖がります。
シャワーでお湯をかけられるのが苦手でシャワーヘッドを外しホースでかけるとおとなしく洗わせてくれます。 
 

【健康面】
食欲はありますがが普段食べないものに敏感で食べようとしません。 

便は良便〜泥状便で柔らか目。
泥状便が続く時は下痢止めを服用。
(苦い薬に苦手です) 

歯石により口臭があります。
麻酔がかけられる体力がついたら
歯石除去の治療を受けさせてあげたいと思います。 
 
 

日々の様子は Dog Shelter Osakaの

☆Instagram【Dog Shelter Osaka日記】
をご覧下さい。

※短期間のうちに数回の生活環境変化を経験する犬は保護預かり先にて生活に慣れ、愛情を受け、落ち着いてくると、環境変化当初は出せていなかったもともと持っている性格やクセが出てくることがあります。
応募の前に「預かり日記」、紹介文の更新をご覧になっていただき、最近の生活様子や性格面のを再確認していただくと、ご家族の生活スタイル、家族構成やご家族のタイプ、住環境に希望の犬が向いているか否か、相性判断の材料になります。

里親様になられる事をご希望の方は、
«こちらのフォーム»よりお申し込みください。
 
 
dekoponoosaka.jpg  

| トラックバック_0

トラックバック

URL:http://119.245.177.127/_tool/mt/mt-tb.cgi/3572