犬のしつけインストラクター(有資格D.I.N.G.O認定)が、適正テストを行ったのち、自宅にて1~2週間犬を観察をしたうえで、紹介文を書いております。性格、犬種特徴、トレーニング状況、家庭犬適正などを考慮しています。

〔2201P03〕ポメラニアン オス 推定6歳 体重2.4kg 【ポトフ日記】 トライアル中です♪

2022.03.13

ポトフ.jpg

ブリーダーからの放棄犬です。社会経験がないため、なんでもこれから覚えていくことになります。本犬を一言でいうと、甘えん坊。怖がりながらも、抱っこをされたり、撫でられたりすることが大好きです。攻撃性はありません。膝の上で赤ちゃんのように仰向けで抱っこできます。なでなでされたり、ブラッシングをされると、気持ちよさそうになされるがままで、膝の上でうっとり寝てしまったりします。

pot au feu1.jpg

家の中では、元気ハツラツです。ハツラツすぎて、高速スピードでぐるぐる回っていることも多いです。そのため、自分の排せつ物を踏んでしまって周りが汚れてしまったり、水飲み食器を蹴飛ばしてあたりをびちゃびちゃにしたり、足が擦れてしまって出血したりする ところがあります。今後、家庭生活に慣れていき、散歩や一緒に遊ぶことなどで発散ができれば、くるくる回ることによる弊害も、だんだん収まってくると思います。落ち着きが出るよう、お座りや、マテなどのコマンドを練習中です。夜はサークルでおとなしく寝ます。今のところ夜泣きはありません。トイレの認識はまだまだです。

pot au feu2.jpg


食欲は旺盛。ご飯の前は、わふわふ吠えながら、喜びます。本犬は、小型犬によくあるキャンキャン響き渡るような吠え声でなく、ソフトな丸い感じの声をしていますので、去勢時、歯を12本抜いていますが、ドライフードで大丈夫です。歯磨きは練習中です。

健康面は、内臓的には問題がなく、右足にパテラが見られますが、グレード1なので、さほど心配はいりません。犬種的に骨も細いので、滑らないように床に敷物を敷き、ソファなどから飛び降りないようスロープをつけるなどの工夫をお願いします。また、毛量が多いため、毎日のブラッシングと月一回程度のシャンプー&グルーミングをお願いします。

pot au feu3-1.jpg pot au feu3-2.jpg

怖がりで、新しい場所や人には、ブルブル震えます。サークルの中が落ち着くようですが、だんだんフリーに慣れるようにしています。手からおやつを食べたり、人間をぺろぺろすることもできます。布物や家具などへのいたずらはまだ見られません。お散歩は練習中。外は怖いようで、なかなか歩けません。他犬と合っても、怖くて固まります。今のところ、反撃したりはしないので、内弁慶な穏やかな子のようです。おもちゃも、わんこベッドもまだ認識がなく使えません。


すべて未経験のことが多く赤ちゃんとつきあうように、ゆっくり時間をかけて、家庭犬の幸せを教えていただけるような、包容力のあるご家族を希望します。初めて犬を飼われる方には向きません。怖がりで身体が小さいため、お子様のいらっしゃるご家庭は、ご相談させてください。先住犬のいらっしゃるご家庭は、相性次第と思います。一歳児のような、愛すべき可愛いワンコです。


☆日々の様子は Dog Shelter のfecebookで☆ Dog Shelter

※短期間のうちに数回の生活環境変化を経験する犬は保護預かり先にて生活に慣れ、愛情を受け、落ち着いてくると、環境変化当初は出せていなかったもともと持っている性格やクセが出てくることがあります。応募の前に「預かり日記」、紹介文の更新をご覧になっていただき、最近の生活様子や性格面のを再確認していただくと、ご家族の生活スタイル、家族構成やご家族のタイプ、住環境に希望の犬が向いているか否か、相性判断の材料になります。

里親様になられる事をご希望の方は、
«こちらのフォーム»よりお申し込みください。

| トラックバック_0

トラックバック

URL:http://119.245.177.127/_tool/mt/mt-tb.cgi/3243