犬のしつけインストラクター(有資格D.I.N.G.O認定)が、適正テストを行ったのち、自宅にて1~2週間犬を観察をしたうえで、紹介文を書いております。性格、犬種特徴、トレーニング状況、家庭犬適正などを考慮しています。

〔2104Z06〕柴犬 オス 推定2歳 体重5~6kg【ぴんく日記】 関西エリアで募集 トライアル決定です♪

2021.09.20

piiin.PNG

5キロと小柄な柴犬です。
ストレスのある環境で過ごしていたためか
引き取り直後はスイッチが入ると暴れて尾追い行動をして手が出せませんでしたが
ストレスになるようなことをまずしない、そして撫でてほしがるのですが
あっさり短時間など、興奮させない接し方をしていると
今では、日に数えるほど、しかも唸る程度に軽減しました。
唸るのは人にではなく興奮で、です。

ハーネスなど装着するなどはまだまだ刺激が強いので
練習中です。
散歩は転がって興奮してスイッチが入って、鳴き叫んでしまいます。
まだまだ時間を要しますので広いベランダと室内を行ったり来たりする毎日を送っています。

人が近づくと喜びます、男性も問題ありません。
体をすり寄せる、膝の上に乗ろうとするなど、可愛いのですが
この子のペースで受け入れてあげると、結果興奮が高まりスイッチが入ってしまうので
このようなときもあっさり撫でてあげるくらいにするとそのまま落ち着いています。
抱っこはおとなしくさせてくれます、これも短時間にとどめています

しつけで、というよりさじ加減を調整してあげると問題なく過ごせます。
食べ物に関しては手からも食べる事ができます。
フードガードも今のところありません。

留守番はフリーで問題ありません。

一緒に色んな所へお出かけしたりするタイプではありません。

日中はお庭でのんびり穏やかに過ごしおもちゃで一緒に遊ぶのが向いています。

犬と暮らしたことがある、このような性格の子に慣れている
ぴんくのペースで時間をかけて根気よく接してくださる方を希望します。


ppin.PNG


ピンク.jpg

☆日々の様子は Dog Shelter Osakaのfacebookで☆ Dog Shelter Osaka

☆Instagram【Dog Shelter Osaka日記】

※短期間のうちに数回の生活環境変化を経験する犬は保護預かり先にて生活に慣れ、愛情を受け、落ち着いてくると、環境変化当初は出せていなかったもともと持っている性格やクセが出てくることがあります。応募の前に「預かり日記」、紹介文の更新をご覧になっていただき、最近の生活様子や性格面のを再確認していただくと、ご家族の生活スタイル、家族構成やご家族のタイプ、住環境に希望の犬が向いているか否か、相性判断の材料になります。

里親様になられる事をご希望の方は、
«こちらのフォーム»よりお申し込みください。

| トラックバック_0

トラックバック

URL:http://119.245.177.127/_tool/mt/mt-tb.cgi/3094