犬のしつけインストラクター(有資格D.I.N.G.O認定)が、適正テストを行ったのち、自宅にて1~2週間犬を観察をしたうえで、紹介文を書いております。性格、犬種特徴、トレーニング状況、家庭犬適正などを考慮しています。

〔2006P03〕トイ・プードル メス 推定6歳 体重2.55kg 【はちみつ日記】

2020.06.07

はちみつ.jpg

預かり当初はびくびくして人をさけて逃げるようにサークルに入っていく子でしたが
1週間ほどでだいぶ慣れ、ごはんのときなどは自分から催促にくるようになりました。
行動範囲も広がってきており部屋中を探検しています。
現在のところ、いたずらなどはしていません。
食欲は旺盛でおやつも好きなので、食べ物で人に慣れてもらうのが近道のようです。 

現在はサークル内のベッドが好きで過ごしており、いつも入っています。
夜就寝時と留守番はサークルの扉を閉めていますが少し吠えますが基本的には本犬は寝ています。
家人が在宅時は基本的にはサークルドアは開放しています。

家人がいると警戒していますが、見えなくなったりすると鳴いたり遠吠えすることもあり、吠えが続くこともあります。
繁殖場で暮らしていたため、人間と密に過ごすことが初めてのため今は心の葛藤があるようです。

人慣れしてもらうために毎日抱っこタイムを作り、だいぶ落ち着いていられるようになりましたが、突然飛び降りることがあり注意が必要です。
脱走などの可能性もあり予期せぬ動きをします。

他犬とは、同等サイズだったり、相手次第でじゃれあったり自分からも遊びをしかけたりするようになってきました。
多頭飼育も相性次第で大丈夫ですし、現在は人慣れのためにも先住がいるほうがよさそうです。

トイレはだいたい室内シートでできるようになってきました。 小は一日5,6回 まとまった量をします。 
大は朝起きた時または朝食後、昼間1回、夕食前後、当初は人の見ていない隙に大小ともにして、食糞がありましたが、日々食糞することは減ってきました。
現在は人がいても排泄できるようになってきた。
サークルでの留守番中にもサークル内のシートに大小しており、我慢はしないタイプのようです。

まだ予期せぬ行動をしそうなので、お散歩練習は抱っこで外に慣れてもらっている状態です。
状況みて歩かせてみようと思います。

今のところ、1人での留守番は2〜3時間位、時々遠吠えもあるが慣れれば時間を伸ばしても大丈夫そうです。
人にも慣れてくるとは思いますが、ずっとべったりというよりはサークルに入ってくつろいでいるときはあまり干渉しない方がリラックスしていられそうです。
保護当初は人生諦めてる感で悲壮感たっぷりでしたが、実はメンタルは強そうです。
基本おとなしくて控えめですが、食べ物には興味津々です。

まだまだこれから、家庭犬として開花していく子です。
動きが素早い面もあるため高齢者のみの家庭や小さなお子様のいる家庭には譲渡できません。
穏やかに優しく見守ってくださりお子さんがいる場合は中学生以上だけの家庭、この子の行動を理解し尊重し無理にかまったりせず、まずは過ごしたいようにさせてくださる飼育経験ができれば豊富なご家庭が希望です


☆日々の様子は Dog Shelter のfecebookで☆ Dog Shelter


※短期間のうちに数回の生活環境変化を経験する犬は保護預かり先にて生活に慣れ、愛情を受け、落ち着いてくると、環境変化当初は出せていなかったもともと持っている性格やクセが出てくることがあります。応募の前に「預かり日記」、紹介文の更新をご覧になっていただき、最近の生活様子や性格面のを再確認していただくと、ご家族の生活スタイル、家族構成やご家族のタイプ、住環境に希望の犬が向いているか否か、相性判断の材料になります。

里親様になられる事をご希望の方は、
«こちらのフォーム»よりお申し込みください。

| トラックバック_0

トラックバック

URL:http://119.245.177.127/_tool/mt/mt-tb.cgi/2931