犬のしつけインストラクター(有資格D.I.N.G.O認定)が、適正テストを行ったのち、自宅にて1~2週間犬を観察をしたうえで、紹介文を書いております。性格、犬種特徴、トレーニング状況、家庭犬適正などを考慮しています。

〔1906Z03〕ウェルシュ・コーギー オス 推定8歳 体重11.5kg 【金時(きんとき)日記】 

2019.06.24

mr kintoki.jpg


穏やかでゆったりした雰囲気を持ち、落ち着いている中年コーギー男子です。
人に関心(女性がより好き)がありますが、まだまだ緊張もあるようです。
前や上からパッと出される手にはびっくりして後ろに引いてしまいます。
こちらが「待ってあげている」とトコトコ近づいてきて匂いを嗅いでくれます。

アゴ横や首元をゆっくり下から撫でてあげることは好きなようでうっとりし、
途中で止めるともっともっとと自分から1歩近づいてきます。

下半身(尾の付け根付近)や後肢を撫でる、握られることは苦手で、引いて逃げようとします。
威嚇したり、噛んだりすることはありません。

運動量は少なく、今のところ1回の散歩は30分程が適量です。
散歩はゆったりペースで引っ張ることはありません。
時折立ち止まりますが、促せば歩き出してくれます。
散歩中の刺激(乗り物や工事の音など)を怖がる様子は見られません。

他犬に関心があり、自ら挨拶に行きます。
相手犬が出すサインを読むのがまだ上手では無く、嫌がられることもあります。
ただ相手が怒るとちゃんと引いて行くのを控えることができるので平和に共存できます。

おもちゃで遊ぶ様子は無し、いたずらも無しです。

食べることは好き、出されたご飯(ドッグフード)をペロリです。

トイレトレーニング中です。
預かり当初、頻繁に室内マーキングをしていましたが、収まりました。
現在成功率70%程です。

ゲージ(ハウス)は落ち着くようです。夜、留守番はゲージで寝泊まりします。
最近では自分から入って寝ていることも増えてきました。
ハウスでの車移動も大丈夫です。

「人間の足首を噛む」「外で走り去るもの(バイク、人など)を追い立てる」などの
コーギーに見られることがある困る行動は今のところ全くありません。

保護時、歯の状態がとても悪く犬歯の3本含め10本以上抜歯しました。
また歯茎に腫瘤も複数あり切除しました。
去勢手術時に精巣腫瘍があり切除し病理検査により、どちらも良性と分かりました。

☆こんなご家族に向いています☆

推定年齢からも運動量適度、穏やか、落ち着いている犬のため、
お互いゆったりのペースで(散歩も)過ごしたい家族に向いています。
犬を初めて飼う家族にも適性があります。
ドッグスポーツや運動をアクティブに楽しみたい家族には向いていません。


☆日々の様子は Dog Shelter のfecebookで☆ Dog Shelter

※短期間のうちに数回の生活環境変化を経験する犬は保護預かり先にて生活に慣れ、愛情を受け、落ち着いてくると、環境変化当初は出せていなかったもともと持っている性格やクセが出てくることがあります。応募の前に「預かり日記」、紹介文の更新をご覧になっていただき、最近の生活様子や性格面のを再確認していただくと、ご家族の生活スタイル、家族構成やご家族のタイプ、住環境に希望の犬が向いているか否か、相性判断の材料になります。

里親様になられる事をご希望の方は、
«こちらのフォーム»よりお申し込みください。

| トラックバック_0

トラックバック

URL:http://119.245.177.127/_tool/mt/mt-tb.cgi/2762