犬のしつけインストラクター(有資格D.I.N.G.O認定)が、適正テストを行ったのち、自宅にて1~2週間犬を観察をしたうえで、紹介文を書いております。性格、犬種特徴、トレーニング状況、家庭犬適正などを考慮しています。

〔1703A05〕ミックス メス 2017年2月6日生まれ 体重10kg ペコ  紹介文更新

2017.10.30

peco.top.jpg


熊本で野犬が生んだ子です。
母犬は15キロ位ありましたが現在10キロでほぼ成長が止まったようです。

人は男性が特に好きです。
外出先では、人に駆け寄っていくほどのなつっこさはありませんが
極端に怖がることもありません。
慣れた人にはお腹を出して甘えます。

peco1-1.jpg peco1-2.jpg



peco3-1.jpg peco3-2.jpg

兄弟犬や同居犬と成長したため、他犬のことは好きです。
犬同士での遊びも大好きなので
同じ空間にいると遊ぼうと誘ってプレイバウをしたりダッシュして誘ってみたりします。
ただし、お外で同居犬と一緒にお散歩をすると気が強くなるのか
他犬に吠えたりすることもあります。
生活空間に同居犬がいるとかなり精神的に安心するため
先住犬のいる家庭への譲渡を希望します。

peco4-1.jpg peco4-2.jpg


夜はお気に入りのクレートの扉を開けてあると入って寝ていますが扉を閉められるのは苦手です。

お留守番は同居犬がいないと不安で吠えますし、本犬にとってはとてもつらいようです。
同居犬がいるとフリーの状態でも上手にお留守番できます
トイレは室内ですと大小ともにほぼ95パーセントトイレシートでできます。
お外ですと草や土のある場所でトイレします

ご飯はドライフードをしっかり食べます

犬おもちゃ遊びは好きで一人でロープかみかみなどもできます。

peco6-1.jpg peco6-2.jpg

慣れない場所では音に敏感ですので吠えますが
聞き慣れてくると吠えなくなってきます。
最終的には来客へ吠えと、つられ吠えくらいになると思います

保護当時足先が壊死していた為、右足先がありません。
左足も指先が数本、肉球が少しありません。
足の長さに差が出てきましたがお散歩はしっかり歩けるようになってきました。
獣医さんからは脚先の残っている皮膚が強く固くなってきているから
お散歩をしてこのまま足先をしっかり踏ん張れるように強くしてあげるように言われました。
本犬もお散歩を楽しみにしています

peco5.jpg

足の事をご理解もいただけ、大切に育てて下さる先住犬がいる御家庭を希望します。

☆日々の様子は Dog Shelter のfecebookで☆ Dog Shelter


※短期間のうちに数回の生活環境変化を経験する犬は、保護預かり先にて生活に慣れ、愛情を受け、落ち着いてくると、環境変化当初は出せていなかったもともと持っている性格やクセが出てくることがあります。応募の前に「預かり日記」、紹介文の更新をご覧になっていただき、最近の生活様子や性格面のを再確認していただくと、ご家族の生活スタイル、家族構成やご家族のタイプ、住環境に希望の犬が向いているか否か、相性判断の材料になります。

里親様になられる事をご希望の方は、
«こちらのフォーム»よりお申し込みください。

| トラックバック_0

トラックバック

URL:http://119.245.177.127/_tool/mt/mt-tb.cgi/2280