犬のしつけインストラクター(有資格D.I.N.G.O認定)が、適正テストを行ったのち、自宅にて1~2週間犬を観察をしたうえで、紹介文を書いております。性格、犬種特徴、トレーニング状況、家庭犬適正などを考慮しています。

〔1612K09〕フレンチブルドッグ メス 推定6-8才 体重7.4kg 【シチュー日記】トライアル中です♪

2016.12.31

シチュー.top.jpg

とてもマイペースで人に甘えるのが大好きな女の子です。
男性も女性も変わらず好きです。
人にも他犬にも前に前にアピールというよりは、自然にアプローチしてきます。
他犬の受け入れもスムーズですが、
威嚇されたり、しつこくにおいをかがれたりするとワンと返す時があります。
人がいないときは、他犬によくくっついていますが、遊んだりすることは今のところありません。

stew.jpg


普段はとてもおとなしいですが、
食べることが大好きで、食事の準備中は、サークル内で鳴いて飛び跳ねたりします。
途中でボウルを取ったり、人や他犬が近づいても怒りません。
逆に、他犬のおやつなども構わず入ってきてしまうので、
食べ物に執着のある他犬と一緒にあげるときは管理が必要です。

鳴き声はチュウチュウという感じで大きな声は出ませんが、
他犬のつられ吠えもあります。
「マテ」「オスワリ」などコマンド系は現在練習中です。

stew 2.jpg


おトイレは、室内をフリーでいるときにもシートへ自発的に行けるようになりましたが、
朝など、複数回するときは、人間側が様子を見て誘導してあげないと
シート以外の所でトイレしてしまいます。

お留守番は、サークルですと出たがり鳴きます。
無難なのはクレートでのお留守番ですが、
留守番のタイミングによっては、中で排泄して排泄物を食べてしまうことがあります。
フリーでお留守番をしても同じく排泄物を食べてしますことがあります。

この点を気にせず受け入れるということであればお留守番が長くてもよいでしょうが
本犬は人の側にいたい子、寄り添いたい子であるため
精神的な面から留守番中に排泄をしている可能性もあります。
現時点ではできるだけお留守番の少ない家庭がいいです。

お散歩は、突然立ち止まったり、動かなくなったり、まだスムーズとまではいきません。
気になる他犬に急に寄って行ったりもしますが、
直前で止まり、挨拶まではしません。

おもちゃはぬいぐるみのようなものを引きちぎるのがすきなので、
目の届く範囲で遊ばせてください。
お顔などのお手入れ系は何でも拒まず大人しく、病院でもじっと静かにしています。

stew and goco.jpg


他犬が騒いでいる輪の中で眠ることができるほど、マイペースで大人しい子です。
とにかくひとにくっついていたい子ですので、
特に多頭飼いになる場合は、飼い主の取り合いで先住犬がやきもちを焼かない環境がよいと思います。
犬同士の遊びも、今のところはしませんので、積極的な先住犬の場合は物足りない場合があります。

お散歩やコマンド系はまだまだ練習の途中ですし、トイレも練習中ですので、
温かく見守ってくださり根気よく教えてくださる、一緒にいられる時間にたくさん触れてくださるご家族を希望します。


☆日々の様子は Dog Shelter のfecebookで☆ Dog Shelter


※短期間のうちに数回の生活環境変化を経験する犬は、保護預かり先にて生活に慣れ、愛情を受け、落ち着いてくると、環境変化当初は出せていなかったもともと持っている性格やクセが出てくることがあります。応募の前に「預かり日記」、紹介文の更新をご覧になっていただき、最近の生活様子や性格面のを再確認していただくと、ご家族の生活スタイル、家族構成やご家族のタイプ、住環境に希望の犬が向いているか否か、相性判断の材料になります。

里親さんになられる事をご希望の方は、
«こちらのフォーム»よりお申し込みください。

| トラックバック_0

トラックバック

URL:http://119.245.177.127/_tool/mt/mt-tb.cgi/2215