犬のしつけインストラクター(有資格D.I.N.G.O認定)が、適正テストを行ったのち、自宅にて1~2週間犬を観察をしたうえで、紹介文を書いております。性格、犬種特徴、トレーニング状況、家庭犬適正などを考慮しています。

〔1812L01〕ブリタニースパニエルオス 推定1才 体重10kg【リヴィー日記】 交渉中です♪

2018.11.20

ri1.jpg

犬社会の中で育ち経験不足の事が多いですが、基本的に人も犬も好きなおおらかな子です。

色んな事が物珍しいので、目につくものを引っ張りだしたりイタズラはしますが、大分落ち着いて過ごせるようになってきました。

ri.jpg


散歩は始めはリードをつけるのも怖がっていましたが、今では上手に歩けるようになりました。
リードを短く持てば人のそばにくっついて歩けます。
すれ違う犬や子供、自転車も気にする事なく黙々と歩きます。
運動量はかなり必要です。

おトイレはお散歩中と室内と両方でします。
室内ではシートでする確率が上がってきましたが、まだまだ練習が必要です。
クレートで休んでいる時間が長くなるとクレート内でしてしまいます。

クレート内が落ち着くようで、遊んではしゃぎ過ぎてもクレートの中に入ってしまえばすぐに落ち着く事ができます。
また留守番もクレート内で上手にできます。
人が出ていっても騒ぐ様子はありません。
ri2.jpg
おもちゃ遊びが大好きです。

犬を頼りにしているところがあり、しつこく遊びを誘ったりくっついて寝たりしたがります。先住犬がそういう子を受け入れられる子だと楽しく過ごせると思いますが、他犬にしつこくされる事が苦手な子はストレスになってしまうかもしれないので相性をよく見る必要があると思います。

人に愛情をかけられる事の喜びなどをやっと分かり始めたところです。

多少のイタズラをおおらかに受け止めて、一緒にトレーニングなどを学ぶことを楽しむ事ができるご家庭が向いているかと思います。

13753.jpg


☆日々の様子は Dog Shelter のfecebookで☆ Dog Shelter


※短期間のうちに数回の生活環境変化を経験する犬は保護預かり先にて生活に慣れ、愛情を受け、落ち着いてくると、環境変化当初は出せていなかったもともと持っている性格やクセが出てくることがあります。応募の前に「預かり日記」、紹介文の更新をご覧になっていただき、最近の生活様子や性格面のを再確認していただくと、ご家族の生活スタイル、家族構成やご家族のタイプ、住環境に希望の犬が向いているか否か、相性判断の材料になります。

里親様になられる事をご希望の方は、
«こちらのフォーム»よりお申し込みください。

| トラックバック_0

トラックバック

URL:http://119.245.177.127/_tool/mt/mt-tb.cgi/2627