犬のしつけインストラクター(有資格D.I.N.G.O認定)が、適正テストを行ったのち、自宅にて1~2週間犬を観察をしたうえで、紹介文を書いております。性格、犬種特徴、トレーニング状況、家庭犬適正などを考慮しています。

〔1702K05〕キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル メス 推定5歳 体重6.7kg 【お蝶日記】

2017.04.10

お蝶top.jpg

老若男女、人が大好きで前足をかけて甘えてくる女の子です。
人の動きについて回ったり、姿勢を低くするとペロペロと顔をなめたりします。

他犬はにおいをかぐ程度でしたが、気になる他犬には積極的に近づいていくようになりました。
遊んだりはまだしません。

繁殖犬としてずっと狭いゲージにいた生活から大きく環境が変わったため
保護当時は多動でずっと部屋中をぐるぐると歩き回り、マーキングも多く、落ち着けませんでした。
今はコマンドで止まれるようになったり、休んでいる他犬のそばや人のそばで落ち着いたり、
扉のあいているクレートや柔らかい素材のところで自ら休めるようになりました。

まだ、興奮をすると吠えが出たり、身体を壁にこすって動き回ったりはありますが、
短い時間で止まるようになってきています。

サークルやクレートなど閉鎖的なところに入ると大きな声の吠えが出ます。
初めは数十分止まりませんでしたが、クレートの方は目隠しをしてあげることで
少しの時間で吠えがおさまるようになりました。
夜の就寝はクレートで朝まで眠れています。
長めのお留守番もクレートで可能です。

トイレは、シートの認識が高く、大小概ね自発的にシートでできます。
興奮状態では失敗が出ることがあります。
失敗した箇所は、そこもトイレと認識する場合があるので、
ものを置いたりして、排泄しないよう注意が必要です。
大は2~3回、日により時間帯が変わります。
小は、他犬の排泄にかぶせることもあり、回数は環境によって変わると思います。

ごはんは保護当初、ドライフードにトッピングをしなければ食べむらがありましたが、
今は、ドライフードだけで問題なく、よく噛んで食べています。

お散歩は、スムーズに歩けます。
におい嗅ぎやマーキングをしながらお散歩しています。
すれ違う他犬には、少し距離のあるところから興味を示しています。

キャバリアらしく尻尾をフリフリとして常に動いていますので、
まったりと大人しいワンちゃんをご希望の場合は向きません。

他犬との同居はどんなタイプの子でも大丈夫そうですが、
他犬との遊びは今のところしませんので、
多頭で犬同士の交流を求める場合は物足りないかもしれません。

心雑音があり、薬を飲み始めていますので、この先終生お薬とお付き合いがあります。
穏やかで、攻撃性はまったくありませんが、他犬が先に甘えていても構わず割り込んだり、
しゃがんで物事をしていると、ぐいぐいと体を入れてきたりします。
大きな声の吠えも出ますので、小さなお子様のいるご家庭や、
住環境で問題がないかをご考慮くださり、
これからじっくりと時間をかけて本犬の特性を伸ばし、かわいがってくださるご家族様をお待ちしております。


☆日々の様子は Dog Shelter のfecebookで☆ Dog Shelter


※短期間のうちに数回の生活環境変化を経験する犬は、保護預かり先にて生活に慣れ、愛情を受け、落ち着いてくると、環境変化当初は出せていなかったもともと持っている性格やクセが出てくることがあります。応募の前に「預かり日記」、紹介文の更新をご覧になっていただき、最近の生活様子や性格面のを再確認していただくと、ご家族の生活スタイル、家族構成やご家族のタイプ、住環境に希望の犬が向いているか否か、相性判断の材料になります。

里親さんになられる事をご希望の方は、
«こちらのフォーム»よりお申し込みください。

| トラックバック_0

トラックバック

URL:http://119.245.177.127/_tool/mt/mt-tb.cgi/2257